保育士の仕事はつらいけど楽しい?やりがいやキャリアアップについて

仕事のやりがい

保育士の仕事のやりがいは、なんと言ってもお子さんとの触れ合いです。小さいお子さんと一緒に過ごす時間が長くなりますので、日々の成長を身近に感じる事ができます。子供たちの純粋な笑顔を見ると保育士になって本当に良かったと実感するそうです。一緒にいる時間がとっても長くなりますので、卒園の時には涙を流してしまう保育士さんもいて、仕事を超えた感情が溢れる仕事だと言えます。

また、お子さんと同様に保護者の方とも信頼関係を築けるというのも大きなメリットだと言えます。保育園での出来事を帰宅して家族と話してもらうと、知らない間に信頼関係が出来ていたりして、お子さんの相談を受けたりします。そういった時に頼りにされているという実感がわき、やりがいが生まれます。

保育所は、小さなお子様に色々な経験を積んでもらおうと、遠足やいもほりなど、季節に合わせた行事を行っていきます。その為、オフィスワークと違って四季の移り変わりをいち早く実感できるといったメリットもあります。季節ごとに色々な行事を通じて、お子さんの成長を間近で見る事ができるというのは、保育士の特権でもありやりがいにも繋がります。毎日大変な事は沢山ありますが、それ以上にやりがいのある仕事ですので、積極的に行動する事が楽しくなります。

仕事のやりがい

保育士の給料改善

プラスアルファの資格

Copyright©2017 保育士の仕事はつらいけど楽しい?やりがいやキャリアアップについて All Rights Reserved.

リンク集 | サイトマップ